ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:適当 ( 1 ) タグの人気記事

ほくろがとれる。いや、とりかけたけど……斜め上だよインド人。

旅行・地域

三週間に及んだトリートメント終了まで後三日。
年末。
でもインドは暖かいから日本人としては年末気分が盛り上がらない。
勝手にイベントを企画して(お年玉おみくじと日本語指さし帳制作)忙しいのだけど、
いかんせん曜日感覚もないし、頭はぼーっとしてる。
そんな中サダナンダ先生の回診時に、あごの下の大きなほくろをつままれた。
「このほくろをとることに、問題あるか?」
「ないです」
ということで、ほくろをとることになった。
クシャーラという治療で外科の範疇にはいるそうだ。
担当医するのも外科が得意なドクターだ。

ほくろをとるというのでてっきり治療室的なところでやるんだろうと思っていた。
私の病室のベッドで外科のドクターが真剣な顔で人のほくろを眺め、
私のベッドの上に注射器やアルコール脱脂綿やゴム手袋を並べだしたときにはびっくりした。
ドクターの後ろにはひよっこドクターが4人、これまた真剣に見学をしている。
 
ドクターがほくろをアルコールで消毒する。日本のアルコールより度数が高いのか匂いがきつい。
そのままためらいなく注射針でほくろを刺す。
「痛いわよ。でもちょっとだけ」
と刺した後に言われた。
確かにちょっと痛い。
釣り針にかかった魚の気分だ。
傷口が見えないので想像だけど、感触としては針を刺さしたまま傷口から薬草の粉が入れられた。
ぐりぐりと。

傷口に白い絆創膏を貼られ「二時間後にはがすように」とのお達しを受けた。
 若いドクターのギタンジェリが「私が絆創膏をはがします!!」と立候補する。
勉強熱心な若いドクターはこうしたちょっとしたことも観察と実践の場として活用している。
ドクターギタンジェリも真剣にはがし、真剣に傷跡を観察していた。
ドクターギタンジェリは仕事が丁寧。
はがすのも、傷跡を拭うのもやさしい。

そしてクシャーナ後のベッドにはなんかの薬草の粉やアルコール綿や血の付いたガーゼが落ちたままなのがインドらしい。
「マウシーに掃除させるから」
と、ほったらかしでドクターたちは帰っていった。
ちょっとは自分で片づけろよ、と日本人は思う。

これが三日続いた。
そして今日がパンチャカルマ最終日だ。
鏡で見ると確かにほくろは乾燥して縮んできた。
でもとれそうではない。
回診の時に部長のマダムガヤルに聞いてみる。
「あの、ほくろは本当に今日まででとれるんですか?」
「とれないわよ。小さくなるだけ。ちゃんととるにはトリートメントのはじめからやらないとね」
 と、院長のマダムガヤル。
 びっくりした。
 本当にびっくりして、
「そうですかありがとうございます」
と日本語で礼を言っていた。
三日でとれるのかと疑問だったけれど、ヴァマナだって一日で終わったし、アーユルヴェーダはそんなもんだろうと思っていた。
甘かった。インド人は斜め上だ。
ほくろとれないってさ!
「今度きたときとりましょうね」マダムガヤルが微笑んだ。
 
パンチャカルマの治療は大晦日で終わったけれど、
私は帰国が一月四日だったので、その日まで病院に滞在した。
元患者という立ち位置だ。

ドクターギタンジェリの勉強のためか、クシャーナは追加で二日やってくれた。
アシスタントとしてドクタースミタがついた。
ドクタースミタは小柄で笑顔がかわいくて日本人に興味津々。
気遣いが細かい二人組だ。

ドクターギタンジェリは施術が丁寧だった。
シーツが汚れないように顔の下に布をしこうと思いついたらしい。
それは画期的な思いつきだ。
今まではこぼれっぱなしの散らかりっぱなしだった。
ドクターギタンジェリは適当な布がないと眉をしかめ、
ドクタースミタが干してあった私のハンカチをいい笑顔でもってきた。
ドクターがしわを伸ばしながら顔の下にハンカチを敷く。
「私の使うんだ・・・」と思ったけどつっこめなかった。

ドクターギタンジェリは薬草の粉をぐりぐり入れる。
しっかり中まで詰め込む。
絆創膏貼った後、ちゃんと薬草の粉を掃除していった。
 
帰国後、乾燥していたほくろがとれた。
大きさは三分の二位になった。
たいして痛くもなく、粉詰めただけでとれた。
これは初日からやったら、本当にとれてたと思う。

a0133442_19181083.jpg

by sonoheso | 2011-11-29 18:00 | へっぽこインド滞在記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧