ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:失言怖い ( 1 ) タグの人気記事

どこでも負けないと決めてる人

ブログ

着物が好きなんですけどね
油断したら台風の日でも着たくなる
シックなものからアホな柄まで
どんなものでも着てみたい
(ただし自分にある程度似合うもの)

で、着物狂の集まりみたいなものもある
別に集まったからといって
銀座を練り歩いたり
周りの人に布教したり
衣装自慢なんかしません

マイノリティらしく
マニアックな情報を交換しあい
マーベラスなお料理を食べて満足して帰ります
おとなしいものです

いろんな状況にある人が集まる場で
ふつうに生活したら知り合いにならない人種
学校では友達にならなかったであろう人種
この場では一応会話が成立するけど他では無理であろう人種
と会うチャンスがある

その中の一人と会話をしていて
いきなり刃物のような言葉を振りかざされて
驚いた
要約すれば
「あなたのスタイルはこだわりすぎですね。
人からよく思われたいと考えたりします? 
あ、ワタシはこだわりがない人なんで、どう思われようとかまわないんですよ」
みたいな。
 
えええ?
とたじろぎ、その場は笑顔でやりすごした。
集まりの冒頭で取りまとめ役が
「着る勇気が第一ステップ、
こだわりを持つ楽しみが第二ステップ、
そして最後が着こなして誉められない境地、
そんな境地にわたしは達したいですね」
と挨拶をして
境地に達しているように見える何名かの名前を挙げていた
乾杯のあとみんなで
褒められないなんてそんなこと考えたこともなかったね
着るのが楽しいだけでね
やっぱ取りまとめ役は哲学があるよ
みたいに話していた。

そんな話題の後
わざわざこだわりなどと言ってくる

私はなんでこんなに驚き
刃物のようなおっかなさを感じたのか

実は私は第二段階にいないと思っていた?
(勇気とかいまさらだし、でも褒められない境地ってなー)
いきなり彼女と比較されたから?
(ここは単なる趣味の場なのに順位かよ)
すきでやっていることに他人に口だしされたから?

すてきに上から目線
まあ、実際高いところにいるんでしょう
素晴らしい鑑定眼があるのでしょう。
それでついつい
「あなたはそれくらいの段階にいることをふまえ、
精進したほうがよいですよ」
と忠告したくなったのだろう。

実に親切
実に無私の精神

って思わないよ。

やれやれ、どうして変なスイッチ押してしまったかな
思い出してみれば

相手「きものに限らず服ってもんは着る回数が多ければ様になるもんですよね」
私 「ハマりはじめの熱中度はやばいですねー」
相手「ワタシは昔から全体を把握して、その上でベストのコーディネートするんです」
私 「へー。私なんか学校にも着ていってましたよ」

みたいなことを言った。
それかな
彼女の方が着ている歴史が浅い
よって自説からすると自分が下になってしまう
むむむ
でもワタシの方がわかっているのよ!
(だってこだわりなんかないし、
とらわれていない上級者)
という思考の流れだろうか

負けず嫌いぶりにびっくりした
勝ち負けでないところでも
勝ってこようとする意欲
すごいな
貪欲だ

全体を把握しているらしいから
牙をむきだしにするのはためらうんだろうな
それが余計な指導になってしまうのかな
コントロールは真面目に迷惑です。
私なんかほっといて
家族や部下をご指導ご鞭撻してあげてくださいよ。

うっかり発言に気をつけよ
と今年のおみくじに書いてあった
失言って怖いもんだ
肝に銘じよう。
a0133442_13375817.jpg

by sonoheso | 2012-01-23 13:36 | 考える筋トレ部
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧