ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:冬の過ごし方 ( 1 ) タグの人気記事

冬の季節の過ごし方ってものがあるらしい


アートな秋&自分磨きの秋を楽しむなら?

サトヴィックアーユルヴェーダスクールの
【アーユルヴェーダ 季節の料理と過ごし方  冬編】
に参加してきた
健康な人でも
季節に合わせた対処をしないと病気になる
というのがアーユルヴェーダの考え

たとえば、寒いのに半袖だと風邪ひくみたいなこと
いや、それはちょっと違うかな
寒さでヴァータ(動きの要素)が上がって痛みを感じやすくなって関節痛
寒さで水分が奪われ肌が乾燥する
寒さでヴァータ(動きの要素)が上がって眠りが浅くなる
そんな感じのトラブルたちを
日常の過ごし方と料理で対処しよう
そんな講座

要するに台所薬局なわけです
日本でいう
風邪の時には大根のしぼり汁と蜂蜜を混ぜたもん
たまご酒飲む
のどにネギを巻く
そういうこと。

インドだったらスパイス天国(まあ、スパイスは生薬ですから)なので
風邪なら
黒こしょう、丁子、シナモン、ナツメグ、生姜すりおろし、ターメリック
を煮て、煮出して、冷めたら蜂蜜を加えて飲む
というレシピになる。
お土産にこの風邪薬のスパイスミックスをもらったのだけど
いい匂い
冬のにおい
スパイスワインに入っている匂い
a0133442_16475841.jpg

インド人のアーユルヴェーダ医師が教えてくれる
料理もして食べられる食育講座
料理教室ではないので
いちから作るわけではないけれど
スパイスをどのタイミングで入れるか
どれぐらい炒めるかがわかって参考になった
簡単だし作ってみよう
あと、優しい味でおいしい
おなかに軽いから
食べた後眠くならないし、体がぽかぽかしてくる

食べるとこらからすべてははじまる
ってのはすごく腑に落ちる
食べるものから
この細胞は作られているのだ
その素をおろそかにしては
いい肉体も、いい脳も、いい五感も、いい考えもできあがらなかろう
暑いときと寒い時では食べたいものが異なる
旬があるのも
そのときの肉体にあわせた薬なんだ

ちなみに冬にダイエットはもってのほか
体の消化の火がもえあがる季節なので
燃やすための栄養が入ってこないと
体組織を燃やし始めて病気の素
何をやるにも
ちょうどいい季節ってのはあるね

a0133442_16474165.jpg


初冬にやってはいけないこと メモメモ

・軽い食事や乾燥した食物をとる(燃やすものがなくなっちゃう)
・大量の辛味、苦み、渋みをとること
・寒いときに冷性のものをとること
・食べ合わせの悪いものをとること
・熱い風呂やシャワーを長く浴びない事
・入浴後に冷たい風にあたること
by sonoheso | 2011-11-26 16:49 | アーユルヴェーダ
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧