ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:プージャ ( 1 ) タグの人気記事

十二月の満月は神様誕生日、ダッタシェンティ。

旅行・地域

十二月の満月はダッタ神の誕生日でダッタシェンティというお祭りだ。
そのお祝いの儀式に参加した。

開催場所はサマーディ。
マハラジの眠るお墓とマハラジが啓示を受けた聖なる岩があるところだ。
毎朝きれいに掃除され、お祈りや瞑想をする人が訪れる清らかなところである。
なんかよくわからないけど、温泉みたいなあったかい波動というか見えないなんかがある。
岩に手を触れるとびりびりする。
感電しているわけでもないのに不思議なことだ。

そんな神聖な場所に今晩はクリスマスツリーな電飾が巻きつけられていた。
古式ゆかしい花飾りや蝋燭でなく四色の豆電球。
お墓や岩は赤や黄色やピンク色のお花がインドチックな幾何学模様に飾られていた。
なんだか安心した。

三代続く僧侶の家系に生まれたドクターが鮮やかな赤紫のドーティ(インド式ズボン)一丁に上半身裸でチャンティングをあげる。
三〇分くらいのチャンティングを暗唱するのだ
インドの頭がいい人は記憶力が半端ない。

満月でお花いっぱい飾ってお香焚いて、
ココナツのゆり籠を百八回揺らす。
インド人たちはチャンティングの途中で手拍子を始めたり、
立ち上がって回ったりする。
盛り上がってやっているのではなく、定められた振付のようだった。
なんだかすごく異文化だ。

滞在中に遭遇した異文化といえばプージャ。
サトヴィクアーユルヴェーダスクールの佐藤先生がプージャ(神様への願掛けの儀式)をした。
一万円くらいでできるのだけどインドだから本格的。
ブラフマンの僧侶でもあるドクターがえんえん一時間チャンティングする。
途中お香焚いたり、咳こんだり、花を撒いたり、鐘をならしたり、腕立て伏せをしたり
(ちゃんとした礼拝の動作だ)
なかなか華やか、なかなか荘厳。
そしてチャンティング後に雌牛に餌をやる。

インドでは牛さんの中には全部の神様がいると考えるらしい。
300いくつの神様が同居している。
牛さんの腹(かどうかは知らないけれど)にわんさかいる。
そりゃあ牛とかモツとか食べられないわけだ。

神様が全部いるわけだから餌をやることが供養というか祭礼になる。
儀式の途中、つながれた木を引っこ抜いて脱走していた角が赤く塗られた雌牛はかなり食欲旺盛で草(おそらくトウモロコシ)を引っ張りまくりだった
。牛の平たい歯に草が噛み砕かれるのを見て、これがお祝いかとしみじみする。
牝牛に触るとじっとりと汗ばんでいた。
最後に脳みそが蕩けそうなくらいおいしいミルクバルフィをプラサードとして振る舞われて、おしまい。





a0133442_19144550.jpg
a0133442_1915496.jpg

by sonoheso | 2011-11-25 18:10 | へっぽこインド滞在記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧