ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

タグ:インド旅行 ( 1 ) タグの人気記事

五つの浄化法それがパンチャカルマなにが出るかな、出ないかな。 

旅行・地域

十時間かけてインドについた。
インド第八の都市プネ郊外のワゴリ村。
びっくりするほど田舎だ。
プネは大学都市研究都市だからビルや車や人がうじゃうじゃだ。
ワゴリは、荒野、テーブルマウンテン、犬、色の黒い人、鮮やかな花、建設中の施設。
みたいな印象だ。

ワゴリはサダナンダ先生のお父さんの聖者マハラジ
(動物と話したり、いろいろできたらしい)
が啓示を受けて買った土地だ。
マハラジはいまよりもさらに何もなかったワゴリの荒地の岩の上に亡くなった導師を見た。
導師は天を指さして、くるくる回した。
そこから光が飛び散っていった。
マハラジはここがインドの知恵を世界へ広げていく土地だと理解した。
そうして二〇ローンで六三エーカーの土地を買った。

ワゴリは静かだ。
建設現場からヒンディーミュージックががんがん流れてきたりする。
するけど、静か。
土地自体に人格があるとしたら、白いひげを生やしたおじいさんみたいな感じだ。
クリスタルが道にごろごろ落ちていて、運がよければ小指くらいの綺麗な結晶が拾える。
ワゴリの病院での治療はムンバイの病院の治療より不思議と治りがいいそうだ。
それも納得の包み込むようなしんとした強さがある。

到着一日目、英語ができないながらも電子辞書に助けられ一時間の問診をクリアし、治療が始まった。
次の日生理になった。
パンチャカルマは、熱、吐き気、栄養失調、生理、妊娠中はできない。
強制的に一週間近く普通のバカンスである。
そこで一つ決断を迫られる。
滞在を伸ばすか、中途半端な治療で帰国するのか
部長のマダムガヤルは当然のように滞在延長を押す。

お金……。年末……。
いろいろ巡るけどしょうがない、伸ばす。
これで年始年末インド決定。
私のワゴリ滞在と重なった日本女性九人中八人が前倒しで生理になった。
ワゴリの力なのか、パンチャカルマで体のテンションあがってしまうのか。
わからないけど、生理になる。
延長含みでパンチャカルマ期間をとらないといけないらしい。

パンチャカルマ。
日本語に訳せば五つの浄化法。
催吐、下剤、浣腸、瀉血、経鼻。
の五つの治療が柱。
症状によって治療組み合わせていくのだけれど、私の第一の治療はヴァマナだった。
ヴァマナは催吐法という胃にカパという体を汚すものを溜め、煎じ液を飲んで吐き出し、カパも一緒に出してしまう。

前日から食事療法で、カパが胃に集まるようにする。
カパが増悪する作用のある白くて甘くて重いものが食事に出てくる。
バナナミルクやヨーグルトライス、ヨーグルトポテトプティングを昼、夜と食べるわけだ。
当日朝はミルクのみ。
オイルマッサージの後、スチームしてオイルエネマで体をすっからかんにして、
それからヴァマナを行う。

簡易洗面台の下にはバケツがおいてある。
吐いたものを計量して、飲んだ分ちゃんと吐けたかチェックする。
治療に入るまえにみんなでお祈りをするのがインドっぽい。
担当医のドクターニラジャとドクターマラヴィカだけでなく、
院長のマダムガヤルも他のドクターもいる。
みんなまじめに祈っている。
初めに煎じ液を2杯。味は甘い。
うまいなあと思っていたらば主治医のドクターニラジャから
「味わわないで早く飲む!」と急かされる。

なんでも治療は四五分以内に終えないといけないらしい。
さくさく二杯飲み、次は黒く粘るちょい苦い吐剤だ。
飲み終えたらばしばし待ち時間。
みんなの視線が私に集まる。
何を待つかというと自発的吐き気。
のぜるのを待つのだ。
くるのかな? あんな液体で吐きたくなるの? 
って思っていたら、来た! マーライオン状態。
すごい! 止まらない!
二回目、一セッションで煎じ液を二杯飲まなきゃいけないのだが、一杯目で無理で噴射する。
深呼吸をしてととのえてまた再開。
飲んで吐いて、また飲んで。
初めはおいしいと思っていた甘さもつらい。
最大で十一リットル飲むと聞いた、これは苦行だ。

ドクター方が、
「グッドペイシェント!」「グッドヴァマナ!」「早く飲んで!」「グッドドリンキング!」
みたいにいろいろ言う。
ありがたいけど気が散る。
カーテンの模様に集中してひたすら飲みまくる。
その内、鼻のあたりは熱くなるし
(ドクターがやたらと喉は熱くないか聞いてくる)
汗はかくし、頭痛いし、トイレ行きたいし、口の中苦くなるし、喉は本当に熱くなってくるし、真面目にしんどい。
二度とカパ溜めるもんか! と誓う。

「これで最後よ!」
と言われ吐き出し、さいごに白湯。
白湯しか飲んでないのに黄色い水が出る。

5.2リットル出た。
飲んだのは4リットル。
差の1.2リットルは体の中のなんか。
体重をはかったらば1.5キロ痩せていた。

私のヴァマナはよいヴァマナで、理由は
① 4リットルしか飲まないけど飲んだ量より沢山でた。
② 古典書でヴァマナで起こるとされている症状が全てでた。
頭痛、口が苦い、喉が熱い、トイレ行きたい。
見学のドクター達も興味津々。
ほらこの症状きた!みたいな感じ。

ヴァマナが終わり魂抜けて横たわっていたら、
ドクターマラヴィカがメディカルスモークを嗅がせてくれた。
胡椒をと唐辛子を混ぜて燃やしたみたいな刺激的な臭気だ。
せき込むけどまだまだと言われるから頑張る。
そうしたら、いきなり頭痛も喉痛も吐き気も下がった。不思議。

当日は転がって休んだ。
さすがに動けない。
食事も限りなく白湯に近いスープ。
次の日は割に元気。
スープに少しとろみがついた。
三日目まではスープしか飲めない。
吐くことで消化力が落ちたから、ゆっくり消化力をあげていく。
これも治療の一環。








a0133442_18345369.jpg
by sonoheso | 2011-11-23 17:30 | へっぽこインド滞在記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧