ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

十二月の満月は神様誕生日、ダッタシェンティ。

旅行・地域

十二月の満月はダッタ神の誕生日でダッタシェンティというお祭りだ。
そのお祝いの儀式に参加した。

開催場所はサマーディ。
マハラジの眠るお墓とマハラジが啓示を受けた聖なる岩があるところだ。
毎朝きれいに掃除され、お祈りや瞑想をする人が訪れる清らかなところである。
なんかよくわからないけど、温泉みたいなあったかい波動というか見えないなんかがある。
岩に手を触れるとびりびりする。
感電しているわけでもないのに不思議なことだ。

そんな神聖な場所に今晩はクリスマスツリーな電飾が巻きつけられていた。
古式ゆかしい花飾りや蝋燭でなく四色の豆電球。
お墓や岩は赤や黄色やピンク色のお花がインドチックな幾何学模様に飾られていた。
なんだか安心した。

三代続く僧侶の家系に生まれたドクターが鮮やかな赤紫のドーティ(インド式ズボン)一丁に上半身裸でチャンティングをあげる。
三〇分くらいのチャンティングを暗唱するのだ
インドの頭がいい人は記憶力が半端ない。

満月でお花いっぱい飾ってお香焚いて、
ココナツのゆり籠を百八回揺らす。
インド人たちはチャンティングの途中で手拍子を始めたり、
立ち上がって回ったりする。
盛り上がってやっているのではなく、定められた振付のようだった。
なんだかすごく異文化だ。

滞在中に遭遇した異文化といえばプージャ。
サトヴィクアーユルヴェーダスクールの佐藤先生がプージャ(神様への願掛けの儀式)をした。
一万円くらいでできるのだけどインドだから本格的。
ブラフマンの僧侶でもあるドクターがえんえん一時間チャンティングする。
途中お香焚いたり、咳こんだり、花を撒いたり、鐘をならしたり、腕立て伏せをしたり
(ちゃんとした礼拝の動作だ)
なかなか華やか、なかなか荘厳。
そしてチャンティング後に雌牛に餌をやる。

インドでは牛さんの中には全部の神様がいると考えるらしい。
300いくつの神様が同居している。
牛さんの腹(かどうかは知らないけれど)にわんさかいる。
そりゃあ牛とかモツとか食べられないわけだ。

神様が全部いるわけだから餌をやることが供養というか祭礼になる。
儀式の途中、つながれた木を引っこ抜いて脱走していた角が赤く塗られた雌牛はかなり食欲旺盛で草(おそらくトウモロコシ)を引っ張りまくりだった
。牛の平たい歯に草が噛み砕かれるのを見て、これがお祝いかとしみじみする。
牝牛に触るとじっとりと汗ばんでいた。
最後に脳みそが蕩けそうなくらいおいしいミルクバルフィをプラサードとして振る舞われて、おしまい。





a0133442_19144550.jpg
a0133442_1915496.jpg

# by sonoheso | 2011-11-25 18:10 | へっぽこインド滞在記

本当のあなたならいいけどそれはなになの?

違和感を感じる時がある
本人は張り切ってる風
でもこちらはついていけない
悪い人ではないだろう
でも、何か違和感がある

本当のあなたなんですか?

それともこういう自分で売っていこうという
商品としてのあなたなんですか?

商品としても、なんかニセモノ感がある
つるつるのプラスチックのような味気無さ
見た目は良いけど、工業製品のように個性はない

借りてきた言葉
振る舞い
テンションの乱高下
本当の自分の実感からでていない
「こういう風にすれば、大丈夫」
架空のなにかを挟んでいる

だから本人が見えなくて気持ち悪い

つまらなくてもおかしくても暗くても
生のあなたが面白いのに
見た目なんかより
中身の充実
それを見たい
# by sonoheso | 2011-11-25 17:14 | 考える筋トレ部

早起きは三文の得なのか?

早起きは三文の得
ってことで
最近また早起き活動中です
一ヶ月半くらい継続中

目標は日の出の96分前
アーユルヴェーダ的に言うと
a0133442_1912513.jpg
ブラフミームフールタ頭冴えさえ、アイディアばんばん、運気も上がり、お金持ちになり、もちろん健康になる。
(てな感じのことが古典書にかいてある)
空中にプラーナ(なんか元気の素)やらなんかいいものが
いっぱいうようよしてる、早朝
寝てるのもったいない、すごいもったいない

最高なのは3時だけど
まあ、4時から5時には起きる。
そして歯を磨いて、舌を磨いて、白湯飲んで
ヨガして呼吸法して瞑想して
一風呂浴びてからひと仕事

早朝に起きている自分! すてき!!
という自己満足感もある。
もちろんある。
でも確かに頭がさえます
いつもはだらだら伸ばしてしまう書き物も面倒なお返事も
書ける そして進む
なんだか頭がよくなったような錯覚さえ覚えます。

運気が上がったかどうかは
さあ?
自分ではよくわからん
宝くじでも買えばいいのかもしれない。
あ、でも
宝くじに当たる、みたいな運より
すごい人に会える
二度とみられないような光景に遭遇する
とかの方がいい。

お金持ちもよくわかりませんね
そもそもインドでいうお金持ちと
現代日本のお金持ちの指すものが違いそうだし
頭がさえていれば(自称)そのうちお金も集まろう

健康は感じられる
だるさや頭痛がない
肩こりが楽になった
風邪をひかない
運動するのも苦じゃないせいか
痩せた
3キロくらい
特別節制したわけではないのだけど
うれしいことだ。
秋だから普段だとセンチメンタルというかちょっと鬱っぽくなるんだけど
今年はない
メンタルにも効いている模様
# by sonoheso | 2011-11-24 19:01 | アーユルヴェーダ

大きいバスティ、小さいバスティ、浣腸にもいろいろある。

旅行・地域

三日間開催されたスープ祭りも終了した。
そろそろ次の治療のビッグバスティが始まる。
結構な量の煎じ液での浣腸をするのだ。
パンチャカルマってのは解毒療法だから、出すことがメイン。
それゆえ、体が元々もっている出す機能を使うとやりやすいし無理がない。
だから吐いたり下したり血を出したりさせる。
そのなかでも浣腸は一番使用頻度が高い。
人間、毎日トイレには行くものだ。

で、ビッグバスティは下からざーっと出す。
スモールバスティたるオイルエネマは腸から薬用オイルを吸収させるのがメインだから楽ちん。
痛くない。むしろ、具が出ないように頑張るのが大変。
ビッグバスティは出すのがメインだから、まあ、人によっては凄い痛かったりもする。
ビックバスティ経験者に聞くと、
ヤバい。
すげー痛い。
我慢できない。
みたいに言う。

そして私も初めてのビッグバスティに挑戦した。
結果はまあ痛いけど、夏にスイカ食べ過ぎて、腹出して寝ちゃったらお腹下した。
みたいな痛さ。大丈夫。ツラくない。
痛みで壁を叩きながら奇声を発するほどではない。
それよりスープ祭りだったのにどこからコレ出てきたんだろうみたいなほうが不思議。
だけどバスティで体力が失われたらしい。
1日ゴロゴロしていた。なんかかったるくて、何かをする気力がわかない。

バスティには基本のスケジュールがある。
スモールバスティで始め、ビックバスティを一回したらばスモールバスティを二回。
ビッグバスティ一回、スモールバスティ二回。
これで一週間。一セットになる。
油で潤わせ、引っぺがし、また油で潤して締めるのだ。
でも基本は基本でしかなく治療にはイレギュラーがある。
個人個人に合わせたきめ細やかな治療をするのがアーユルヴェーダだ。

後半の私のバスティスケジュールは、ビッグ二回スモール一回ビック二回というハードスケジュールだった。
私の何がそんなに浣腸を必要としていたのかわからないけれど、私の直腸は頑張った。
褒めてやりたい。


a0133442_18354833.jpg

# by sonoheso | 2011-11-24 17:07 | へっぽこインド滞在記

重い言葉と軽い言葉

山田ズーニーさんのコラムを読んで考えた

でかい分子のように
自分で栄養を吸収して言葉を発している人は
ボディブローのような重い言葉をぶつけてくる。
うちの母はきれい好きだ。

暇があればレンジフードを磨き、
壁と床の接する面を楊枝で掘り返し、
家中のカーテンを洗う。
ものだって自分のものなら1年使わなければ捨て、
家族のものなら3年使った形跡がなければ捨てる。
気持ちいいくらい捨てる。

そんな母の口癖は
「心を込めて扱えば長持ちする!」
だ。

当たり前のシンプルな言葉だけど、
4年さわってない戸棚がある自分にはしみる。
やらなくてはな、と思う。
デスクの上だけでも片づけたりする。
母が「きれいなところにいいものがくるんだ!」というのを聞くとそうだろうな、と思う。

知人にとても好奇心があって勉強家の生活提案カウンセラーみたいなことをしている人がいる。
とても勉強熱心なので新しいことを次々取り入れ、資格を取得する。
今はやりの断捨離のようなこともやりだした。
確かにあの本を読むと捨てる大事さが痛いくらい分かる。
でも彼女の言葉は軽い。
ふーん、よかったね。という感じ。
ワークショップにいって学んで、日々実践して、クライアントにも指導しているらしい。
だけど、軽い。
ああ、がんばって学んだんだな、以上の感想が思いつかない。

機械的に決められたルールで片づけていくのは、
トレーニングとして有効かもしれないけれど、それだけで終わり。
これさえやれば大丈夫、と行き止まりになっている。
無学な母の「私の大事な家を気持ちよく保とう」というぎらぎらした目で行う片づけは、
日々変化し、掃除法も工夫されている。

ズーニーさんの言う
「分解したものだけが構築できる」
「加工品と生のもの」
と同じことなんだろうと思う。
洗練され確立された方法は無駄がない。
誰かが試行錯誤して、まとめてくれた、分解してくれた栄養だ。
きっと純粋ですばらしいものなんだと思う。
でもビタミンCだって合成の純粋な錠剤よりもアセロラとか生のものからとった方が定着率は断然いい。
実際錠剤で飲んでいたときより生のものを毎日とる今の方がお肌の調子がよくなった。
ビタミンCはフィトケミカル(こまいいろんな栄養素)と一緒じゃないと人間は吸収できない。
それと同じで掃除の思想みたいなものだってフィトケミカルみたいに雑味のある母の言葉の方が効くんだろう。
自分で建てた家を10年間新築同様に保ってきた母の言葉は重いのだろう。

勉強熱心な彼女も「ワークショップで学んだ」「資格を取った」という大きな看板に頼りきりにならず、自分流にかみ砕き始めたら、私も言葉に打たれるのかもしれない。

自分で分解するというのは大変だけど
でもとっても大事なプロセスなんだな。
# by sonoheso | 2011-11-23 18:42 | 考える筋トレ部
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧