ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

警戒区域に入ります


なにかを書くというとき
当たり障りのないものでは
心を打たない

どうでもいい、は
どうでもいいを連れてくる

さわりたくない場所
弱点、醜さ、面倒で消してしまいたいアレ
そこに伝えるだけのものが眠っている
誰に?
まずは自分に。自分が宝を得る。
自分が弱くてくだらんと思っている箇所が
実は人にはない視点の素だったりする
気づかなければしまったままでおしまい
でも取り出したらその価値に
こっそり笑みが漏れる
くだらない自分ではなくなかなかやるじゃないか自分
になっている。
それが書くことの効用。

「病気」とか「大切な人が死んだ」とか「災難にまきこまれた」っいう
大きなマイナスは確かに表現するうえでビビットで
「これ持ってこられたら勝ち目ないよ~」ってな感じになru

でもなんで、勝ち目ないよ、とか、マイナスを表現する側も「これはずるいかも」って思うんだろう?

書く本人は
これを書いたら自分の底をさらけ出し、
自分に、そして人に影響を与えずにはいられない
あとには引けない覚悟を決めるし、

受けて側は
そんなしんどい、暗い、深いところを披露されたら
自分のしんどい、暗い、深いところが開かずにはいられない
書き手に胸倉をつかまれ魂が引きずり出される痛みを感じる


飛び道具みたいなお題は強い
人は、はっ!!!と引きつけられる
ニュース性が高いから、それだけで価値がある
でもニュースは掘り進んで普遍的ななにかを獲得しない限り
新聞紙のように翌日には捨てられる

そのままで必殺技みたいな強いお題がなくとも
人をぶるぶる揺さぶるものは出力できる
個人の課題は突き詰めれば普遍性を帯びる


一歩進むのだ
何か踏み込んだときでてくる感情は
あなたと私とどっかの誰かの奥底に流れているもの
共有できる宝
だから人は伝える
人は書く

だれでもトレジャーハンターになれるのだ
by sonoheso | 2011-12-03 10:31 | 考える筋トレ部
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧