ソノヘソ 


へっぽこな日々のこととその場の思いつき
by ソノヘソ
プロフィールを見る
画像一覧

インドまでの道って 遠いようで 近い。

  旅行・地域 
朝の散歩道で茶色の牛に会う。
道には牛糞と、ターメリック色の人糞が落ちている。
あたりは背の低いとげのある草が生える荒野が見渡す限り続く。
東は地平線まで荒野。西は遠くにプネの町が見える。
夕方、色の禿げたビルの隙間から花火があがったりする。

マハラジのお墓のある聖地サマーディまでは片道十五分の道のりで、朝と夕方、毎日歩く。
すれ違うのはカラフルなパンジャビドレスの大学生やサリーをきた病院で働く人。
集団で走る野犬。スクーターで通勤する医者。赤紫の花を咲かせるハイビスカス。

2010年の十二月、インドにいた。
ワゴリのアーユルヴェーダの大学病院でパンチャカルマを受けていた。
濃くてスパイシーなチャイを飲み、みそ汁のようなやさしい味のインド料理を食べ、電子辞書片手に冷や汗をかいていた。
パンチャカルマは浄化療法。
毒を出しにわざわざインドくんだりまでいった。

なぜ、パンチャカルマを受けにいったのか。
それはサダナンダ先生の脈診を受けたからだ。
何代も続く医者の家系に生まれ、
今回滞在した大学病院の財団長でもあり、
脈診の名人のサダナンダ先生。
サダナンダ先生の脈診がどれだけすごいかというと、
脈を診るだけで胎児の頃母親に起こった出来事がこの症状につながっている、
とか、四年前に高いところから落ちたからこの症状がでている、
みたいな感じでわかる。
朝の脈だけで、わかる。すごい。

さらにすごいのがそのとき処方されたことをちゃんと守れば、
きちんと体はよくなるということ。
それは例えば、
夜早く寝ろだの、
朝にアロエとターメリックと蜂蜜混ぜたものを飲めだの、
ヨガしろだの、
白湯飲めみたいなこと。
もちろん全部はできない。
だけど、十二くらいわたされる条件を半分でも実行すると体が変わる。
私の場合は勝手に早起きになった。
7時まで意地汚く寝ていた私が4時半に勝手に目が覚める。
アーユルヴェーダでは日の出の96分前に起きることが推奨されている。
その時間に勝手に目が覚める。

サダナンダ先生の脈診で
「あなたが怒るのは、頭にアーマが詰まっていて、
それで空回りしている。
言われたことを全て守れば今は一しかできないが十できるようになる」
と言われた。
思ったことが十分の一もできない。
理想と現実がついていかなくて癇癪おこしている。
夢の中、必死に走っているのに前に進めないようなもので、
自分で自分がコントロールできていない。
それに落ち込んでふてくされ、さらに課題が山になる。
バカの悪循環だ。
サダナンダ先生からパンチャカルマをどの時期でもいいから
(症状によっては、冬がいい、とか指定があったりする)
三週間受けなさい、と言われた。それが2010年の五月のこと。
2010年は焦げそうなくらい暑かった。
わたしのへっぽこ頭と体は調子を崩した。
体重は7キロ増加し、
ストレス性の蕁麻疹が世界地図みたいに腕や足に広がり、
いらいらしながらも鬱っぽくなるという訳のわからない状態になった。
そこでサダナンダ先生のアドバイスを思い出した。

そうだ、インドへ行こう。
a0133442_1992656.jpg

by sonoheso | 2011-11-22 17:46 | へっぽこインド滞在記
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
検索
お気に入りブログ
外部リンク
最新のトラックバック
タグ
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧